blogdescription

STETSBARとTune-O-Maticの音の違い

2017.04.19
著者:
木村家ヰサク

ストップテールピースのギターに装着できるトレモロユニットSTETSBARの音の違いを簡単に検証します

ストップテールピースのギターに無改造で装着できるトレモロユニットシステムの一つに「STETSBAR」があります。
ギブソンタイプのギターでもアームが使用できるのはありがたいですが、ブリッジはエレクトリックギターの音質を決定する重要な要素のはずです。
音の変化がどの程度あるのか、簡単に検証してみました。

STETSBARでは高域のキラキラした部分が少なくなっており、Tune-O-Maticでは素直に響いています。
これはブリッジの構造上、弦振動がボディにあまり伝わらず生音が小さくなり、エネルギーのロスは少なくなりますが、それによって低域が減衰しないためかもしれません。
サスティーンはどちらもあまり変わりません。


STETSBARの構造は上記参照

設計上の問題

そもそものギターの設計において、いわゆるギブソンタイプのギターのヘッドの場合、弦は3次元的に角度が付いており、特に3弦と4弦はかなり摩擦が起こりやすいです。
そのためNut Sauceのようなグリスを使用し摩擦を軽減させますが、どうしてもフェンダーやPRSタイプのギターよりも負荷が掛かってしまいます。
ローラーナット&ロック式ペグと二点支持トレモロを組み合わせ調整したストラトキャスターの場合、激しくアーミングを行ってもチューニングが狂う事は殆どありませんが、SG+STETSBARの場合はマグナムロックのペグであっても前者のようにはいきませんでした。

テレキャスタータイプのギターや、ロックナットを使用しない場合は注意が必要です。

考察

エレクトリックギターではボディやネックの振動をピックアップが拾うことはありませんが、これらの箇所でエネルギーをロスさせる事も重要な要素でありそうです。
アコースティック楽器では生音を評価しリファレンスを行いますが、電気楽器では出力される電気信号をどのように作るかが重要と言えそうです。

木村家ヰサク

著者:木村家ヰサク

音楽家

モダン・オルタナティブロックバンド、サルガクの構成員の一人。 作曲・編曲及び六弦・歌を担当。

プロフィール

12歳よりギターを始める。
写真家、デザイン・ディレクション事業などを経て、2016年に未来型和製製作所「人舎」を設立。
モダン・オルタナティブロックバンド「サルガク」の構成員となる。

...

詳細はこちら